グループウェアの活用方法

グループウェアは、企業内や企業外を含め一定の組織内でネットワークを経由し情報を共有するためのソフトウェアのこといいます。

同じ社内でもフロアが異なる、社員が外で営業を行っている、客先で常駐して作業をしているなど一人ひとりのスケジュールや行動を把握するのは難しいですが、このグループウェアを活用すれば当日から数か月先のスケジュールまで共有することができるようになります。



インターネットからの外部アクセスや内部だけのアクセスなど設定は様々行えるため、見られたくない情報は見られないようにもできます。


スケジュールだけでなく、電子文書の管理としても活用できるので、社内で管理する報告書や月次の書類などはこのグループウェアに保存しておけば、どこでも閲覧、ダウンロードができます。

その他、会議の予約やタイムカードなどとしても使用することができます。

また、社員同士の電子掲示板を活用して技術情報の共有だけでなく、コミュニケーションの場としても活用できます。

今、最も注目を集めるYoutubeはこちらのサイトで情報公開中です。

メール機能を搭載しているグループウェアを使用することで、WEBメールとして使用でき、外出先でもメールの確認ができるようになります。



受信だけでなく送信も可能なため、スマートフォン1台あれば電車内であっても送受信ができるので非常に便利です。交通費の申請や旅費の計算などの機能も搭載していて、社内の月次や週次の請求や報告はすべてグループウェア内で完結させることができます。